微熱好奇心倶楽部@ココログ、スタートします

 これまで他のブログサービスを利用してきましたが、使い勝手の面でこちらに移転することにいたしました。ヨロシクお願いいたします。

 このブログでは、過去にレディースコミック「微熱」および「微熱superデラックス」に掲載された、ライター集団「涼風家(すずかぜや)」が担当した記事を掲載していくとともに、読者のみなさんへの情報(新作DVDなど)を提供していく予定です。
 しかしながら、掲載当時にはタイムリーだった内容も時間の経過とともにあらためてお読みいただくに耐えないものもあり、「好奇心倶楽部」に関しては抜粋しての転載ということになることをご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

電子書籍■仮想空間Second Life小説集:海沿いの店で…

仮想空間Second Lifeを舞台にした短い小説集です。
とあるカフェバーのシリーズ『海沿いの店で…』『夕焼けが空を染めている…』『ジャズが流れるステージで…』に書き下ろし作品『満月の下で…』を加え、未発表の『仮想世界に降る雪』と『Over Sexuals』を収録しました。
Second Lifeの世界を案内する内容にもなっていますので、Second Lifeを知りたいという方もぜひお読みください。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Secondlifekindle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

電子書籍■仮想空間Second Life エッセイ&コラム(2009~2010)

 ここに収録した文章は、主に2009年~2010年に、仮想空間Second Life内の「CLUB ARCADIA」の公式ブログに掲載したものです(このブログはすでに削除されていて読むことはできません)。Second Lifeユーザーを前提として書いていますので、Second Lifeをプレイしたことのない人にはわかりづらい記述もあるかと思います。
 2017年の現在、情報としては古くなっているものもありますし、未来予想として外れてしまった記述もありますが、ほぼ掲載当時のまま収録しています。当時のSecond Lifeの状況の記録として読んでいただければと思います。
 中にはその後の変化などについて注釈の必要な記事もありましたので、それぞれの記事の最後に「※」として追記したものもあります。
 またアバターに対するナルシズムやコミュニケーションツールとしてのSLという視点の記事は、現在でも考察しているテーマでもあり、わたしのSLに関する考察の原点になるのではないかと思います。
 2016~2017年に撮影したSS(スナップショット)も多数収録しました。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

B

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

電子書籍■仮想空間Second Life エッセイ&コラム(2017)

 本書に収録した文章は、仮想空間Second Lifeについて2017年にネット上のサイトやブログに発表したものです。
 2017年は仮想空間Second Lifeの日本語版がリリースされて10年という節目にあたり、10年の経過を振り返る文章なども書かせていただきました。
 また2017年最新の話題に触れたコラムもブログに発表しており、Second Lifeに興味を持っていただけたら、以前Second Lifeをやっていて、また始めてみようかと思っていただけたら幸いです。
 なお、収録にあたり一部のテキストについて若干加筆修正しました。
 仮想空間Second Life、日本語版の10年、アバターナルシズム序論、結城の雑談シリーズ、ほか。

・本文より
■仮想空間「Second Life」日本語版の10年
 2007年7月、アメリカ、リンデン・ラボ社が開発・運営する仮想空間「Second Life」の日本語版がリリースされました。
 当時雑誌やテレビでも取り上げられ話題となったのを覚えている方もいるでしょうし、実際にアカウントを取得して「Second Life」を体験した方も多いでしょう。
 実際その当時は日本人ユーザーの人口爆発と言えるほど大挙して「Second Life」に人が集まりました。
 その状況は半年ほどで減速し、2008年前半には「過疎ってる」と言われるようになったのを御存知の方もいるでしょう。
 実際「Second Life」を始めてみたという方でも、その中で何をしていいのかわからなかったという方もいるでしょうし、外国人中心のその世界で日本人に会えなくて辞めてしまったという方もいると思います。
 とネガティブな面から始めてしまいましたけど、わたし自身は2007年8月からおよそ10年、「Second Life」を続けています(笑)。
「Second Life」という仮想空間自体は2003年にスタートしました。最初はアメリカ、そしてヨーロッパ、中南米とサービスが広がり2007年の日本語版となります。3Dアバターを使った自由な空間というネットの情報から日本語版がリリースされる以前に始めたユーザーもいます。また2007年7月の日本語版リリース時には現実のビジネスと同じように仮想空間で仕事ができ、お金が稼げるという触れ込みもありましたから、単にネット上の「ゲームのようなモノ」という以上に興味を持たれたということはあったように思います。
 とはいえそれから10年。すでにネット上でもユーザー以外には「Second Life」について取り上げることもなくなり、その存在自体を知らない人も多いのではないかと思います。
 まずは「Second Life」がどのような世界なのか、そのあたりからお話ししていきましょう。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Photo_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

電子書籍■仮想空間Second Life小説:仮想空間の水平線に日が落ちる風景が美しいということ…

仮想空間Second Lifeを舞台にした私小説風作品です。
アバターを介して仮想空間で生きるということについて考察した作品ということもできるでしょう。
中編小説『孤高と唯一無二』の続編にあたります。

※本文より
「わたしはSL依存症です(^^;)」
 真奈美さんが即座にそう言った。
 さっきわたしがアジェさんに言いかけたもうひとつのこと。それは真奈美さんがSL依存だと言う根拠でもあった。
「真奈美さんなんかは特にそうだと思うのだけど、SLに依存する理由にはアバターの存在というのがあると、わたしは思うのよね」
「それは大きいと思います(^^)」
「アジェさんは以前、現実の自分とアバターの自分はどちらも同じ自分だと言ってたけど、その感覚とはちょっと違って、アバターに自分を投影するとか、現実よりもアバターの方が本来の自分を出せると感じてるユーザーもいて、その感覚がSL依存につながっていくんじゃないかと思う」
「なるほど」
「わたしも、SLの中ではわたしがわたしでいられる、というのがあって、依存してるなと思ってます」
 アバターを着飾っている、と言ったが、それは単にアバターが身につける服や装飾品ということではなく、シェイプの編集、オンラインゲームで言うところのキャラクターメイキングにも気を入れているという意味だ。真奈美さんにとってアバターは理想の自分であり、こうありたいという存在ということだ。
「アバターを通してSLの世界に接しているという感覚があるので、SL依存は根が深いのではないかと思いますね(^^;)」
 真奈美さんが言った。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Secondlife



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

電子書籍■うちの本棚・板橋しゅうほう

「おたくま経済新聞」に連載された漫画単行本紹介コラム『うちの本棚』から、板橋しゅうほうの単行本を集めた一冊。
 第一巻には『ペイルココーン』『アイ・シティ』『セブンブリッジ』など初期作品を収録しました。
 単行本表紙画像もお楽しみください。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

電子書籍■うちの本棚・川崎のぼる

「おたくま経済新聞」連載のマンガ作品・単行本紹介コラム『うちの本棚』掲載の記事から、「川崎のぼる」を紹介したものをまとめました。朝日ソノラマ「サンコミックス」や秋田書店「サンデーコミックス」など、初期作品を中心に取り上げています。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

電子書籍■うちの本棚・樹村みのり

「おたくま経済新聞」連載のマンガ作品・単行本紹介コラム『うちの本棚』掲載の記事から、「樹村みのり」の単行本を集めた一冊です。
70年代から80年代にかけての樹村みのりの単行本9冊を紹介しています。各単行本の表紙画像も収録しました。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

電子書籍■うちの本棚・河あきら

「おたくま経済新聞」連載のマンガ作品・単行本紹介コラム『うちの本棚』掲載の記事から、「河あきら」の作品を集めた一冊です。
マーガレット時代の作品7タイトルを紹介しています。またマーガレットコミックスの表紙画像も収録しました。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

電子書籍■うちの本棚・倉多江美

「おたくま経済新聞」に連載した『うちの本棚』から、倉多江美の単行本を紹介したものを集めました。
第一巻には『ジョジョの詩』『ぼさつ日記』など小学館フラワーコミックスを中心に収録しています。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

1b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

電子書籍■うちの本棚・田淵由美子

「おたくま経済新聞」連載のマンガ作品・単行本紹介コラム『うちの本棚』掲載の記事から、「田渕由美子」の作品を集めた一冊です。
りぼんマスコットコミックスから刊行された6タイトルを紹介しています。また表紙画像も収録しています。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

電子書籍■うちの本棚・竹宮恵子

「おたくま経済新聞」連載のマンガ紹介コラム『うちの本棚』から、竹宮恵子の単行本を取り上げたものを集めた第1巻。
朝日ソノラマ「サンコミックス」、小学館「フラワーコミックス」、白泉社「花とゆめコミックス」から刊行されたものを収録しました。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

電子書籍■うちの本棚・一条ゆかり

「おたくま経済新聞」連載のマンガ単行本紹介コラム『うちの本棚』から、一条ゆかり作品を集めました。
 第一巻には『わらってクィーンベル』や『こいきな奴ら』など、りほんマスコットコミックスから5タイトルを収録しています。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

電子書籍■連作ショートショート:人魚

「人魚」をテーマにした掌編小説集です。
幻想的な作品から純文学的なものなど、作品ごとに雰囲気が違います。


 ご購入はこちら。Amazon Kindle
※Amazon Kindleではアダルトカテゴリーに入れられていますが、表紙画像の問題と思われます。内容にアダルトな要素はありません。

Kindle_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

電子書籍■夜の民

東京、JR総武線のS…ふとその駅で降りた主人公は非日常へと足を踏み入れてしまう…。
昭和の匂いのする幻想怪奇短編小説です。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Kindle_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

電子書籍■夢のような日々

記憶と時間が入り交じる…そんなSFのようなことも、じつは現実に人の頭の中でおこっている…。

 ご購入はこちら。Amazon Kindle

Kindle_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«電子書籍■幻想小説:胎児の夢