« 電子書籍■海沿いの店で…: 仮想空間Second Life小説集/結城あや | トップページ | 電子書籍■Second Life小説■Over Sexual/結城あや »

2019年3月15日 (金)

電子書籍■Second Life小説・仮想空間の水平線に日が落ちる風景が美しいということ…/結城あや

Second Life小説・仮想空間の水平線に日が落ちる風景が美しいということ…/結城あや

・内容紹介
仮想空間Second Lifeを舞台にした私小説風作品です。
アバターを介して仮想空間で生きるということについて考察した作品ということもできるでしょう。
中編小説『孤高と唯一無二』の続編にあたります。

※本文より
「わたしはSL依存症です(^^;)」
 真奈美さんが即座にそう言った。
 さっきわたしがアジェさんに言いかけたもうひとつのこと。それは真奈美さんがSL依存だと言う根拠でもあった。
「真奈美さんなんかは特にそうだと思うのだけど、SLに依存する理由にはアバターの存在というのがあると、わたしは思うのよね」
「それは大きいと思います(^^)」
「アジェさんは以前、現実の自分とアバターの自分はどちらも同じ自分だと言ってたけど、その感覚とはちょっと違って、アバターに自分を投影するとか、現実よりもアバターの方が本来の自分を出せると感じてるユーザーもいて、その感覚がSL依存につながっていくんじゃないかと思う」
「なるほど」
「わたしも、SLの中ではわたしがわたしでいられる、というのがあって、依存してるなと思ってます」
 アバターを着飾っている、と言ったが、それは単にアバターが身につける服や装飾品ということではなく、シェイプの編集、オンラインゲームで言うところのキャラクターメイキングにも気を入れているという意味だ。真奈美さんにとってアバターは理想の自分であり、こうありたいという存在ということだ。
「アバターを通してSLの世界に接しているという感覚があるので、SL依存は根が深いのではないかと思いますね(^^;)」
 真奈美さんが言った。

Secondlife

|

« 電子書籍■海沿いの店で…: 仮想空間Second Life小説集/結城あや | トップページ | 電子書籍■Second Life小説■Over Sexual/結城あや »

涼風家の電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍■Second Life小説・仮想空間の水平線に日が落ちる風景が美しいということ…/結城あや:

« 電子書籍■海沿いの店で…: 仮想空間Second Life小説集/結城あや | トップページ | 電子書籍■Second Life小説■Over Sexual/結城あや »