« 最新刊!電子書籍■アヴェ・マリア 2 女性のための官能小説 [アダルト] | トップページ | 最新刊!電子書籍■アヴェ・マリア 4 女性のための官能小説 [アダルト] »

2019年6月 9日 (日)

最新刊!電子書籍■アヴェ・マリア 3 女性のための官能小説 [アダルト]

アヴェ・マリア 3 女性のための官能小説 [アダルト]

・内容紹介
 この作品は「Peach Joy」という女性向けのセックス情報サイトに書き下ろしたものです。
※本文より
「悟、感想は?」先生が3人のところに歩み寄り、倉井にグラスを手渡しながら聞いた。「香奈枝を試しにきたんでしょう」
 倉井は軽く会釈してグラスを受け取るとひと口それを飲んでから答えた。
「感動してますよ。こんなに感じやすいなんて思ってなかった」
 先生は口元だけ小さく笑ってテーブルに戻ると香奈枝と杏子にもグラスを持って戻り手渡した。グラスの中は先生お気に入りのカルヴァトスだ。
「悟は表現がいつも同じね。たまには違ったことも言ってみなさい」
「あれ、そうでしたか。正直な感想なんですが」
「これで美術評論家って言われてもね」
 杏子がつぶやくように言う。
「いずれ杏子の作品についても書かせてもらうよ。真里亜さんお気に入りの秘蔵っ子なんだしね」
 倉井はそう言って杏子にウィンクを送る。
「いまは香奈枝さんを描いてるの。完成したら見せるわ」
「なるほど。…それは興味深いな」倉井はそう言って香奈枝の方をじっと見つめた。「表面的な印象からはちょっと想像できない香奈枝さんの内面を表現できるといいね」

Photo_13

|

« 最新刊!電子書籍■アヴェ・マリア 2 女性のための官能小説 [アダルト] | トップページ | 最新刊!電子書籍■アヴェ・マリア 4 女性のための官能小説 [アダルト] »

涼風家の電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最新刊!電子書籍■アヴェ・マリア 2 女性のための官能小説 [アダルト] | トップページ | 最新刊!電子書籍■アヴェ・マリア 4 女性のための官能小説 [アダルト] »