Second Life

2010年2月14日 (日)

Second Life■仮想空間Second Lifeをご存じですか?

 メールでお問い合わせをいただきました。
「セカンドライフに登録するにはどうしたらいいですか?」というものでした。
 ココログに移ってからはまだSecond Lifeに関して触れた記事は掲載していませんでしたが、以降以前のブログや「微熱」誌上では何度かSecond Lifeをご紹介し、Second Lifeの中でお会いしましょうといった記事を掲載していましたので、それらをご覧になった方がメールをくださったのだと思います。
 
 まず、この記事で初めてSecond Lifeという言葉を聞くという方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明すると共に、何回かに分けてSecond Lifeの登録の仕方、楽しみ方についてお話ししていこうと思っています。
 
・セカンドライフってなに?
 Second Lifeは、一般的に言われる定年後の第2の人生…ではなく、インターネット上の仮想空間で、アメリカのリンデンラボ社が運営しているものです。簡単にいってしまうとオンラインゲームということになるでしょうが、わたしたちが普通考えるゲームというものをイメージすると、ちょっと違います。
 一番の違いは、Second Lifeの世界ではなにをしてもいいし(一般常識的なルールはもちろんあります)、なにもしなくてもいいのです。つまりRPGのように消化しなければ先に進めないといったクエストのようなものがいっさいありません。ユーザーは、アバター(3Dの自分の分身)を操作して、Second Lifeの世界の中で自由に行動できます。
 歩く、走る、そして空も飛べます。離れた場所には一瞬で移動できるテレポート機能、アバター同士のコミュニケーションには、文字によるチャットと、音声によるボイスチャットが使えます。Second Lifeの中で物を作って売ったり、誰かが作ったものを買って使ったり(アバターの服など)、この世界が「Second Life」と名付けられているように、もう一つの人生を生きるというわけです。

Second_life_official_site
 
 少し興味が湧いてきましたか?
 Second Lifeを始めるにはアカウントを登録する必要があります。
 残念ながらいまのところパソコン専用といっていい状態です。パソコンも性能(特にグラフィックボード)によって表示される画像に差が出ますので、高性能のものに越したことはありません。
 さて、アカウントはリンデンラボ社のSecond Life official siteから登録しますが、そこでアバターの名前(これがIDになります)を決めます(オフィシャルサイトは英語表記になっているかもしれませんが、左上にlanguageボタンで日本語表記にできます)。
 アルファベットと数字が使え、ファーストネームは自由に決めることができます。ファミリーネームは運営会社が用意しているものの中から選びます。ほとんどが外国の名前ですが、探せば日本人の名前も見つけることができるでしょう(このファミリーネームは定期的に入れ換えられていて、そのとき気に入ったものがなければ時間を置いて再度登録してもいいですね)。
 そしてパスワードを決め、連絡用のメールアドレスを登録します。基本はここまで。
 さらにSecond Lifeを始めるときに、最初に使うアバターを、用意されているものの中から選んでおきます。
 アカウントの登録が終わったら、次にしておくことはSecond Lifeを楽しむためのクライアントをダウンロードすることです。
 オフィシャルサイトのトップ画面にダウンロードのボタンがありますので、案内に従ってダウンロードしておいてください。アカウントを取ってもこれがなければSecond Lifeを始めることはできません。
 
Sb_036

 それでは、次回からSecond Lifeにログインしたあとのことをご説明していきますのでお楽しみに。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)